沖縄県知事選 フェイクニュース飛び交う中、沖縄県知事選が告示 保守VS革新の一騎打ち[9/13]

117pt   2018-09-14 03:49
国難にあってもの申す!!

1: クロ ★ 2018/09/13(木) 11:49:09.60 ID:CAP_USER9 翁長雄志知事の死去に伴う沖縄知事選が9月13日に告示された。翁長氏の後継路線を打ち出している玉城デニー氏と、自民党や公明党が支援する佐喜真淳氏の、事実上の一騎打ちとなる。翁長氏の突然の訃報で、当初の予定よりも早まり、知事選は大混乱した。

翁長氏は那覇市長や自民党県連幹事長など沖縄の要職を歴任した保守政治家だった。

 2014年の選挙では、自民党からも翁長氏支持にまわる議員が続出。自民党の支援で出馬した仲井真弘多元知事に10万票近くの差をつけた圧勝だった。

「オール沖縄は、自民党の保守の一部に、社民党や共産党という枠組み。それでなければ、10万票も差がつかない。翁長氏ゆえに作れた、枠組み。今回もそれを維持できるかどうかが、カギだ」とオール沖縄支援の地方議員は言う。

 だが、翁長氏の「遺言テープ」の存在を巡って、オール沖縄の一角だった沖縄県議会の会派「おきなわ」が離脱。会派「おきなわ」の関係者がこう話す。

「録音があるなら、聞かせてくれればいい。しかし、それがまったく聞き入れられない。オール沖縄はこれまで、保守や革新ではなく、基地反対で結集。透明性、風通しのよい連合体だった。それが否定されたので離脱した」

 そして沖縄財界有力者もこう距離を置く。

「前回の選挙では、財界からも翁長氏の支援が多かった。その理由が翁長氏が自民党の県連幹事長までやったということ。それに、沖縄財界の中核、琉球石油(現・りゅうせき)の創業者一族、稲嶺恵一氏(元知事)が翁長氏を応援したことも大きかった。沖縄独特の地縁血縁で、稲嶺氏は翁長氏と近い関係だったので支援したそうです。だから、他の企業も翁長氏を応援しやすかった」

 さらに前回の選挙を振り返り、こうも打ち明ける。

「沖縄財界といっても、やはり本土の資本が入っているような大手企業も多くあります。前回は翁長氏なので、何もなかった。けど、選挙戦が近くなって早くも本土の方から『今回は、翁長さんじゃないから、(与党系を)よろしく頼むよ』とプレッシャーがきたりします。前回のように財界はオール沖縄といかないんじゃないか」

 そんな背景から、今回は保守VS革新という色合いが濃くなる見込みだ。

 さらに、それを明確にしているのが、佐喜真氏の政治信条だ。佐喜真陣営の地方議員はこう不安を漏らす。

「佐喜真氏は宜野湾市長時代の2012年、同市議会で安倍政権の応援団的な存在である国内最大の右派団体・日本会議への加盟について問い質され、『日本会議の施策等について同意できるものがあれば、やっていきた』と答弁。そして教育勅語が会場で読み上げらた『沖縄県祖国復帰42周年大会』(16年開催)でも佐喜真氏は閉会の挨拶を述べるなど右派色が強い。大丈夫かと心配の声が出ている事実。陣営は選挙で争点となる普天間基地問題、辺野古移設について公約では、争点化を避けている。保守であっても、米軍基地問題だけは別。軽々と賛成と言ったら、選挙にならない」

 今回の知事選挙では、自民党に加えて、公明党が早くも佐喜真氏支援を打ち出し、山口那津男代表が沖縄入りすることを表明。

 日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事も台風21号で大阪が大停電を起こしている最中の7日、わざわざ沖縄入り。佐喜真氏に対し、日本維新の会代表として推薦状を手渡していた。

「安倍首相の意を受け、二階幹事長が沖縄入りし、地元を引き締めにかかっている。現地で出回っている自民党の世論調査という数字はwスコア―でデニー氏がリードしているが、サンプル数も少なく、フェイクニュース(偽情報)の可能性が高い。最初は不利な数字を出しておいて、『自分たちが頑張ったので逆転した』と主張するために与党陣営の地元国会議員が撒いているとみられます。安倍首相は『総裁選で総動員、次は沖縄でもやるぞ』と周囲に漏らすなどなりふり構わず、勝ちに行く覚悟のようだ」(自民党幹部)

 翁長氏の弔い合戦となるのか、それとも…。沖縄県知事選から目が離せない。(取材班)

AERA.dot
更新 2018/9/13 10:33
https://dot.asahi.com/dot/2018091300006.html
応援よろしくお願いいたします!→br_c_1760_2.gif




最近の人気記事 アンテナサイトを通ります

c?ro=1&act=rss&output=no&id=6037535&name
   2chまとめトップページへ
2ch まとめの話題が沢山。