【TOYOTA】ドイツ車に完全敗北したレクサスの今後の戦略は?

50pt   2019-04-16 08:00
【News】Car Multi Information


BMWやベンツは本腰 ドイツ勢は日本メーカーの先を行く?|自動運転車の不安と期待 - 日刊ゲンダイ
4月11日、BMWはドイツ・ミュンヘン近郊に新たな研究開発センターを開設した。自動運転技術に特化したもので、人工知能(AI)などのITスペシャリストやソフトウエア開発者 ...
(出典:日刊ゲンダイ)


5d32a53b.png
(出典 clicccar.com)



(出典 ドイツ車に完全敗北したレクサスの今後の戦略は?25)

1 名無しさん@そうだドライブへ行こう :2019/03/07(木) 09:09:57.47 ID:t8kV+mhna.net

☆前スレ☆
ドイツ車に完全敗北したレクサスの今後の戦略は?24
https://fate.5ch.net/test/read.cgi/auto/1548908821/

ドイツ車をコピーしてドイツ車に宣戦布告をするという前代未聞の惨劇が幕を開けたが、誰もの予想どおり常にドイツ車の二番煎じで迷走と敗北。
ネットではドイツ車と同じ土俵にいるかのような印象操作を繰り広げるトヨタ工作員。
2005年、トヨタ副社長(当時)は「ドイツ車オーナー達は新型レクサスLSの登場を待ちわびている」と堂々の勝利宣言。
あれから12年の歳月が経過し、目も当てられない大敗北に終わったレクサス。

そんな状況下、満身創痍で5代目LSを新発売。
しかし、最新安全装備てんこ盛りがアピールされているはずの最新型が暴走死亡事故を起こしチェックメイト。
付いていてもいなくても同じことがバレたLexusSafetySystem+A、そして「轢殺LS」という名誉の二つ名がついたレクサスLS。
新発売後たった半年、2018年5月以降ずっと「販売目標未達」を続けている前代未聞のフラッグシップwww

その他、ラインナップの最下層を担うはずだったCTはドロップアウトで火葬場へw
結局、後席アームレストすら付かないままかよ!
存在が空気のGSも、モデルチェンジすらされずドロップアウト。
あれ?GSってEクラスや5シリーズのライバルですよねぇ?
代わりにカムリベースのES、いわゆる「日本名ウィンダムw」を、マンを侍して国内投入。
既存のトヨタ車に厚化粧を施しただけで数百万円上乗せし、信者に売るという霊感商法はまさに健在ですな!
高級車界のCAVA、レクサス!w


「ところで、レクサスESのデジタルアウターキンタマを見てくれ。こいつをどう思う?」
66503783.jpg
(出典 i.imgur.com)


「すごく…大きいです…」 VIPQ2_EXTDAT: che*ed:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured


(出典 ドイツ車に完全敗北したレクサスの今後の戦略は?25)


c?ro=1&act=rss&output=no&id=7807822&name
   2chまとめトップページへ
2ch まとめの話題が沢山。