韓国若者向けの海外就業ビデオ面接…参加企業の中で日本企業が最多

13pt   2020-05-22 21:00
ハロワ速報

1: 田杉山脈 ★ 2020/05/15(金) 23:26:58 ID:CAP_USER.net 韓国KOTRAは雇用労働部、韓国産業人材公団とともに14日から22日まで「2020海外就職ビデオ面接週間」行事を開催すると明らかにした。

KOTRAは海外就労博覧会「グローバル雇用大典」を毎年開催してきたが、新型肺炎で今年は行事全般をアンタクト(Untact、非対面)方式に切り替えて開催することにした。

今回の行事には7カ国の企業61社が参加する。国籍別には日本が50社で最も多く、北米5社、オセアニア4社、ドイツ、中国各1社の順だ。

業種別では情報通信業(31%)、製造業(21%)、専門サービス業(13%)、卸小売業(12%)の順でこの企業が採用を希望する人は計242人だ。

ビデオ面接は韓国の求職者と求人企業間1対1で行われ、今後二次・三次面接を経て最終合格が決定される。ビザ発行の手続きも残っており、新型肺炎の推移により実際就職までは数カ月がかかるものとみられる。
c?ro=1&act=rss&output=no&id=7964038&name
   2chまとめトップページへ
2ch まとめの話題が沢山。